歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

アルジネート印象材のツボ

 昔「お前の考えは星の王子様カレーの甘口より甘いな」っといわれたことがあった気がします・・・ だれうまwww こんにちは、33-MDDTです。

本日はみんな大好き「アルジネート印象材」のツボ。

 

≪インプット事項≫

 

【組成】 

・アルギン酸ナトリウム

・硫酸カルシウム

・リン酸3ナトリウム(硬化遅延材)

珪藻土(強度向上)

 

【硬化機構】

・化学反応

 ➡関わる官能基はカルボキシ基(COOH)

 

【性質】

流動性低い

 ➡ 無歯顎、有歯顎の概形印象(細部再現性低い為ある程度の印象)

・離液反応  

 ➡ 水が出て石膏表面の混水比が変わるため、石膏の表面荒れ

・寸法安定性悪い

 ➡ 離液すると収縮する

・弾性印象材

 ➡ 要はプニョプニョしてる。アンダーカットがあっても大丈夫

ハイドロコロイド印象材

 ➡ 寒天印象材もハイドロコロイド印象材。要するに、「水すっちゃう」「水出しちゃう」から「はやく石膏注ぎましょう」ってこと。

 

≪臨床科目への応用≫

 アルジネート印象材はよく比較問題で出ます。かならず知識の確認を(`・ω・´)ゞ

 

【問題】

歯冠補綴学:101A-68

 アルジネート印象材が寒天印象材より多用される理由はどれか。1つ選べ。

a 流動性が良い

b 寸法安定性がよい

c 表面荒れを生じる

d 弾性回復率が大きい

e 印象操作が容易である

 

【解説】

a 流動性が良い

 ➡ 寒天印象材より流動性が悪い、そのため概形印象材

b 寸法安定性がよい

 ➡ 共に離液、膨潤するため寸法安定性で差は比較できない

c 表面荒れを生じる

 ➡ 共に離液、膨潤するため石膏の表面荒れは共に起きる

d 弾性回復率が大きい

 ➡ 弾性回復率(どれくらい変形して、どれくらい元の形にもどるか)は寒天印象材のほうが僅かに大きい

e 印象操作が容易である

 ➡ 寒天は専用トレーなど必要であり、少し印象採得がめんどくさいんです・・・

  個人的に良い選択肢とはそんなに思えないが、他の選択肢が確×なので、正解はこれ。

 

【正解】

e

 

では、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。