歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

付加型シリコーン印象材のツボ

 一昨日、腹筋ローラーを買いました。昨日、押し入れへしまいました。

こんにちは、33-MDDTです。

今日は付加型シリコーンゴム印象材のツボ!

 

≪インプット事項≫

 シリコーンゴム印象材はよく出題されます、必ずインプット!

 

【組成】

ポリジメチルシロキサン

白金化金

 

【硬化機構】

化学反応(付加重合・非可逆性)

 

【性質】

・稠度の違いにより、ライトボディ(すっごいトロトロ)、レギュラー(トロトロ)、ヘビー(結構カチカチ)タイプに分けられる。

弾性印象材 

 ➡ 有歯顎、無歯顎の精密印象採得(トロトロだから)      

 ➡ ライトボディ+ヘビーの連合印象採得

流動性が高いライトボディやレギュラーを支台歯の印象、ヘビーをその周囲の印象

温度の影響を受けやすい(夏場すぐ固まる・・・)

寸法安定性に優れる 

 ➡ 反応生成物もなく、離液も膨潤もしないため

・効果時に水素ガスが発生し、模型表面が荒れる。(今はそんな製品は無いらしい・・・ 材料学奥が深い・・・☺)

 

≪臨床問題への応用≫

【問題】

歯冠補綴学:109A-66

 築造窩洞の印象採得を行った。印象面の写真を別に示す。

使用した二種類の印象材で同等であるのはどれか。1つ選べ。

 

f:id:v33-MDDT:20181009115345p:plain

写真

a 稠度

b 弾性ひずみ

c 細部再現性

d 寸法安定性

e 引き裂き強度

 

 

 

【解説】

 

 写真から読み取ることは「あっ、異なる稠度のシリコーンゴム印象材の連合印象」だ!です。

連合印象は二種類やり方がある。

①アルジネート印象材+寒天印象材

②インジェクションタイプシリコーン+レギュラーorヘビーシリコーンゴム印象材

なので、この問題は、「トロトロとカチカチのシリコーンゴム印象材で何が同じで、何が違うか」を聞いてます。 

 

a 稠度

 ➡ 上記の通り違うやん

b 弾性ひずみ

 ➡ トロトロのほうがひずむから違うやん

c 細部再現性

 ➡ トロトロのほうが隅々まで入るから違うやん

d 寸法安定性

 ➡ 組成も成分も同じだから同じやん!!

e 引き裂き強度

 ➡ トロトロのほうがすぐ切れるやん、違うやん・・・

【正解】

d

 

 

では、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。