歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

ポリサルファイドゴム印象材のツボ

 この間久々に沖縄料理を食べました。大学の卒業旅行が梅雨時期の沖縄で、僕のモンハンの装備がとても強くなったのが良い思い出です。

こんにちは、33-MDDTです。本日は、ニッチな印象材ポリサルファイドゴム印象材!

 

≪インプット事項≫

 ポリサルファイドゴム印象材も「縮合反応」で硬化します。ということは、何かを生み出す訳ですね。反応生成物があるということは、寸法安定性は悪い!

 

【組成】

ポリサルファイド

・二酸化鉛 

 

【硬化機構】

化学反応(縮合重合・非可逆性)

 

【性質】

・硬化がゴム系印象材で最も遅い

 ➡ 操作時間、硬化時間長い

・硬化は温度や水の影響を受ける

 ➡ 高温多湿で効果が促進

弾性ひずみ、永久ひずみは共に付加型シリコーンゴムより大きい

 ➡ 弾性ひずみ大きいことはよいことだけど、永久ひずみ大きいって・・・

反応生成物あり

 ➡ 縮合反応で水分を出す

 ➡ 寸法安定性はそりゃ悪い・・・

 

≪臨床問題への応用≫

なかなか臨床問題でポリサルが問われることがないので、オーソドックスな材料学問題を出しておきますね。

 

≪臨床問題への応用≫

【問題】

理工:102A-40

 重合反応によって硬化するのはどれか。2つ選べ。

a 寒天印象材

b 石膏系印象材

c モデリングコンパウンド

d ポリエーテルゴム印象材

e ビニルシリコーンゴム印象材

 

【解説】

 重合反応ときたら、思い出すのは「縮合重合」と「付加重合」ですね。

よって、ゴム系印象材を2つ選んでください。

 

a 寒天印象材

 ➡ 温度で固まるので×だー

b 石膏系印象材

 ➡ 化学反応ですね。しっかり、石膏の硬化反応式思い出してください。

CaSo4・1/2H2O + 3/2H2O → CaSo4/2H2O + 発熱

c モデリングコンパウンド

 ➡ 温度で固まるので×だーー

d ポリエーテルゴム印象材

 ➡ ポリエーテルゴム印象材は付加重合で固まります。ちな、付加重合なので反応生成物はありませんよ、付加型シリコーンゴム印象材とナカーマ

e ビニルシリコーンゴム印象材

 ➡ シリコーンゴム印象材で付加型なら正解ですね。

 

【解答】

d,e

 

それでは、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。