歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

義歯用材料のツボ⑨常温重合レジンの埋没法

 

  更新が不定期で申し訳ございません。あと一週間・・・ とりあえずあと一週間頑張れば安定する ハズ(´;ω;`)

前回の続きで、今回は「義歯用材料のツボ⑨常温重合レジンの埋没法」です。

 

【インプット事項】

  まず、常温重合レジン=流し込みレジンです!

そして、前回の加熱重合レジンのフラスコ埋没より俄然簡単です!

なぜか!?

 

「人工歯配列した部分の歯型(コア)をとって、そのコアへ人工歯を復位させて、流ろうしたスペースにレジンを流し込むだけ!」だから!

具体的なやり方をおさらいしましょう。

 

① スプルーの付与

 ➡常温重合レジンの一番の特徴である「流し込み」を行うための穴が必要なので、蝋義歯にぶっといスプルーを植立します。

 

②蝋義歯の埋没

 ➡コアが取れればよいので、「石膏」「寒天」「シリコーンゴム」のどれかでOK!

 

③人工歯を蝋義歯から外して、今とったコアへ戻して固定

 

④作業用模型に分離剤塗布

 

⑤コアを復位

 

⑥常温重合レジンをレジンスラリー状態で注入

 ➡餅状態は加熱重合レジンのお話!

 

⑦重合機に入れて重合

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

f:id:v33-MDDT:20190624092630p:plain

 

【問題】

歯科補綴学:112-B64

  

 75歳の女性。咀嚼困難を主訴として来院した。検査の結果、上顎義歯の咬耗によるものと診断し、関節包によって人工歯の交換を行うこととした。

作業工程の写真を別に示す。この過程の後に行う一連の作業を図に示す。

f:id:v33-MDDT:20190624093110p:plain

①に入るのはどれか。1つ選べ。

ただし、①~⑤は1~eのいずれかに該当する。

 

 

f:id:v33-MDDT:20190624093132p:plain

a 流ろう

b 人工歯の固定

c レジン分離剤の塗布

d シリコーンコアの復位

e スプルーとベントの植立

 

【解説】  

 いやぁーーー、よい問題!なんで純粋に常温重合レジンの流れを聞かずにこんな複雑怪奇にするのか!

ポイントは「常温重合レジンを使う」です。

ということは、流し込むために一番初めに行うことはスプルー!

それだけ分かれば問題なし!

よかった、この問題が並び替えだったら地獄だ・・・

 

ですが、必ず抑えてください!

まず 「eのスプルーとベントの植立」➡シリコーンでコア➡「a流ろう」➡コアに「b人工歯の固定」➡「c レジン分離剤塗布」➡[d シリコーンコアを復位(模型に戻す)」

➡そしてレジンを注入 です!

 

【正解】

 e

 

 

 

では、またどこかでお会いしましょう、アデュー(*´♡`*) 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。