歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

歯内療法関連材料のツボ⑦「支台築造材料のツボ5回目」

 

 やっと日本に帰ってきました・・・ 海外でぽけーっとお酒飲みながら海を見てたら、あほみたいに仕事するのが馬鹿馬鹿しく思えますね・・・

50過ぎたら1年のうちに3か月くらい海外で暮らす生活をしたいですね、あっその前に僕に英語をマンツーマンで教えてくれる方を見つけないと!

本日は支台築造のツボ5回目です。みんな大好き、ファイバーコアです!

 

 

 

【インプット事項】

 

ファイバーポストには直接法間接法の2種類あります!

まずは、ファイバー繊維の特徴を抑えましょう!

 

≪特徴≫

・ガラスファイバー繊維は象牙質と同程度の弾性係数

 ➡言うなら柔らかくて、よくしなる

 ➡ということは、歯質と一体化している

 ➡歯根破折しにくい

 

・メタルフリーなので金属アレルギーが起きない

 

・メタルフリーなので、金属イオンの溶出がないため歯肉の変色がおきない

 

・金属色が無いため、審美的な補綴に有利。

➡︎メタルコアの上にオールセラミック冠被せると悲惨なくらい暗くなります…

 

・ファイバーと周りを固めているCRはγ-MPTSで接着している。

 

≪臨床問題への応用≫ 

111D-3

 直接法による支台築造を行うこととした。処置中の口腔内写真(別冊No.9)を別に示す。
ポスト切断後、診療室で最初に行うポスト表面処理はどれか。1つ選べ。

 

a スズ電析
b リン酸処理
フッ化水素酸処理
サンドブラスト処理
e シランカップリング処理

 

f:id:v33-MDDT:20191203140334p:plain

 

【解説】

  ちょーー良問です!これ!まず、写真から「直接法でファイバーコアを築造しようとしている」ことを分かってください。

まぁそもそも「何でほぼ縁下なのに、ファイバーコアたてるんだ!メタルコアやろ!この症例」って突っ込み出来た方は、とても素敵な歯科医師になれます(*´♡`*) 

そして、単純に「あ、ファイバー繊維をレジンでかためるから、γーmptsだ!」って考えると出題者の思うつぼです!

気を付けるポイントは問題文の

「診療室で最初に行うポスト表面処理はどれか」です!

最初って聞き方は「次」があるってことですよね!

 

a スズ電析

 ➡これは金属に行う処置です。


b リン酸処理

 ➡正解はこれです!

 試適したから汚れてるので、リン酸処理を行い、そのあとシランカップリング材です!


フッ化水素酸処理

 ➡鉄板の禁忌枝!ユニットサイトでは行いませんよ!


サンドブラスト処理

 ➡ガラス繊維にサンドブラストは禁忌です!


e シランカップリング処理

 ➡最終的には行いますが、「最初」はリン酸処理です。

 

【正解】

 b

 

 

ではまたどこかでお会いしましょう、アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。