歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

国試に向けてみんな大嫌いなところやりましょうシリーズ①

 

 

 さて、ここからは皆が嫌いな問題をこなしていき、国家試験へ臨みましょう企画です!

まずは、顆路系の話!これ系の問題を「得意です!」って言った学生さんはなかなか居ない・・

 

≪臨床問題への応用≫

 

 110D17
72歳の男性。上下顎全部床義歯の製作を希望して来院した。全部床義歯製作中の検査結果の写真を別に示す。検査後、
矢印で示す位置における顎間関係記録を採得した。顎間関係記録採得時の写真を別に示す。

f:id:v33-MDDT:20191211155756p:plain

この記録を用いて咬合器上で調節するのはどれか。1つ選べ。
a 矢状切歯路角
b 右側平衡側顆路
c 左側作業側顆路
d 左側平衡側顆路
e 右側側方切歯路角

 

【解説】

まず、この問題で重要になってくるのはAの写真のゴシックアーチ!黄色い矢印が示してるのが「下顎の左側方運動時」と分かるか否かです。

ゴシックアーチの解き方は山ほどありますが、僕の解き方はいたってシンプル。

「今回の問題は下顎に描記板がついているから、矢印を下に向ける。自分から向かって左側が左側方運動を表す。自分から向かって右側が右側方運動を表す。」

f:id:v33-MDDT:20191211160250p:plain

「そして、今回左側方運動の時の嚙み合わせの記録だから右が平衡側。ということは、右にベネット角が生じてる。よって、右側平衡側顆路が答えだ」です。

 

描記板が上顎についていたら、矢印を上に向けてください。自分から向かって左側が左側方運動を表す。自分から向かって右側が右側方運動を表します。

 

これを知っているかでゴシックアーチの問題は秒で解けます、手とペンでゴシックアーチを再現している時間はもったいない!見直しに使いましょうね!

 

【正解】

b

 

 

 

ではまたどこかでお会いしましょう、アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。