歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

114回 歯冠補綴学振り返り 内面処理編

 

 

【問題 114C-61 歯冠補綴学】

f:id:v33-MDDT:20210518085407j:image

 

【解説】

 シンプルですねぇ、この問題はしっかり「ポーセレンインレー内面」と言うところに注目することです。

なぜなら、ポーセレンインレー窩洞ですと、話が変わってきます。今一度復習!!

 

 ポーセレンインレーをレジンセメントで窩洞に接着するための処置!!

 

①ポーセレンインレー内面サンドブラストによる凹凸形成シランカップリングによる化学的結合

 ✳︎インレー内面に行うリン酸処理はただの清掃扱いです。

 

②窩洞内面 : エッチング処理による機械的嵌合ディンティンプライマーによる科学的結合

 

③用いるセメント : レジンセメント

 

となります。

 

【選択肢考察】

a シラン処理:これは正解。レジンとシリカを科学的に結合させますよ!

b グレージング:これは陶材に艶を出す処理、ポーセレンインレー製作過程では行いますが、接着の内面処理ではないですね!

c ステイニング : これも陶材に色をつける処理。製作過程での話

d サンドブラスト:これを行わない補綴物はほぼありません!凹凸形成して機械的嵌合げっと!

e レジンコーティング : これはポーセレンインレーの窩洞へ行う裏層処理です。

 

《レジンコーティングのインプット事項》

・ポーセレンインレーやcrインレーの窩洞内面に、フロアブルレジンによる裏層

・目的は①接着生向上 ②外来刺激の遮断

・レジンコーティングを行ったら、シリコン印象前に必ず「アルコールで窩洞表面の未重合層を拭き取る」を忘れない!

 →僕はよく忘れて、シリコンの印象面が荒れる荒れるっっw

 

【正解】

a,d

 

毎週土曜日7時半より、歯科理工学、歯冠補綴学、床義歯補綴学、保存修復学特化型オンラインサロン
 「33-MDDTオンラインサロン歯学部生のツボ」
開催中。
皆さんと 「33-MDDTオンラインサロン歯学部生のツボで勉強できる事を楽しみにしています。
 コンテンツまとめ記事はこちら

v33-mddt.hatenablog.com

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。