歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。火曜木曜更新予定!

コンポジットレジンのツボ①

 先日、職場の同期の結婚式が盛大に行われました。その二次会で新たな出会いを探したのですが、酒に溺れ、気づいたらタキシードで自宅に転がってました・・・

恋愛運も、人生も常に溺れてます・・・ 

はっ! アーチャーが言ってましたね「理想を抱いて溺死しろ・・・」と・・・

溺死するのは僕だけで結構です。皆さんは「約束された勝利の剣」をぶっぱなしちゃってください!

さて、今回から超大型企画「コンポジットレジンのツボ」です!!

本日はコンポジットレジンの組成になります。

 

≪インプット事項≫

 昔読んだ国試の鉄人でコンポジットレジンをカレーに例えて分かりやすく記載されていたので、僕の説明もいつもこの例えを引用させていただいてます。

まず、コンポジットレジンは有機(レジン)と無機(シリカ)の複合材料」です。

 

【組成】

・ベースモノマー:Bis-GMA、UDMA、Bis-MEPP

 (カレーのルー:このままじゃ食べれませんよね)

 

・希釈モノマー :TEGDMA

 (カレーのルーを溶く液体:これで溶かすとようやくカレーのルーになります)

 

・重合禁止材  :HQ、BHT

(防腐剤のようなもの、これを入れるとそこら辺に置いておいても固まりません)

 

フィラー   :SiO2

(カレーの具  :具が多いと食べ応えあります(堅くなります)

 

フィラーの表面処理剤 :γーMPTS

(具の下味   :具(SiO2)の表面をこいつで処理すれば、ルー(Bis-GMA+TEGDMA)とくっついてくれます)

 

☝ ここまでが、光重合型と化学重合型の共通因子

 

さて、コンポジットレジンは光を当てると固まる「光重合型」と2つのペーストを混ぜると勝手に固まる「化学重合型」があります。

その両者の違いは「重合開始材と重合促進剤」の違いだけ。

ようは、スパイスの違いで「インドネシア風カレー」にもなるし、「タイ風カレー」にもなるのです。

 

なので、化学重合型にするには共通因子たちに

重合開始材の「BPO」と促進剤の「DMPT」を入れれば化学重合型になります。

 

光重合型にするには共通因子たちに

増感材の「CQ」と還元剤「DMAEMA」を入れれば光重合型になります。

 

DMPT」と「DMAEMA]は三級アミンという括りでくくられます。

私まーつーわー♪ です←くそジジイの発言

 

というわけで、今までの話を理解したうえでこの表を置いておきます。

 

f:id:v33-MDDT:20181026000154p:plain

 

 

ベースモノマー

多官能性モノマー(Bis-GMA, Bis-MEPP,UDMA)

希釈モノマー

トリエチレングリコールジメタクリレート(TEGDMA)

フィラー

シラン処理されたシリカ(SiO2,ガラスセラミックス

開始剤

化学重合型

開始剤

過酸化ベンゾイル(BPO)

促進剤

第3アミン(DMPT)

光重合型

増感

カンファーキノン(CQ)

還元剤

第3アミン(DMAEMA)

シランカップリング剤

3(γ)-メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン

(γ- MPTS)

合禁止剤(抑制剤)

ブチル化ヒドロキシトルエン(BHT),

ハイドロキノン(HQ)

 

 

≪臨床問題への応用≫

 めちゃめちゃオーソドックスな問題をおいておきます(*'▽')つ

【問題】

保存修復学:103A-80

 

 光硬化型コンポジットレジンに用いられるのはどれか。2つ選べ。

a BPO

b MMA

c DMPT

d Bis-GMA

e Camphorquinone

 

【解説】

a BPO ➡ これは化学重合型の重合開始材です

b MMA ➡ アクリルレジンのモノマー(液)です。そもそもコンポジットレジンではないんですねー

c DMPT ➡ こいつは3級アミンなんですが、化学重合型のほうなんです。

d Bis-GMA ➡ 化学も光も!化学も魔術も!両方入ってるベースモノマーです

e Camphorquinone ➡ 光重合型の光増感剤ですね(*´♡`*) 

 

【正解】

d e

では、またどこかでお会いしましょう、アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。

石膏のツボ②

 友人の子供に生まれた時からプラレールを与え続けていたら、ついたあだ名は「プラレールおじさん」になりました。その子がもっと成長したら、ポケモンカードゲームを与える男になる予定です。将来はの夢は「オーキド博士」と言われてその子に慕われれる事です。

人として終わってます、こんにちは33-MDDTです。今回は「石膏のツボ②」

 

≪インプット事項≫

  石膏で抑えるところは2つ

 

 

① 各種石膏の混水比や膨張率の違い

② 石膏の練和条件を変えた時の物性変化

 

本日は、② 石膏の練和条件を変えた時の物性変化 を見ていきましょう☆

 

【特徴】 

 

・まず抑えるべき点は「石膏と水がシッカリと反応すると、硬化時間は早くなり、硬化膨張は大きくなり、強さが上がる

 

【硬化時間】

・混水比が小さい    ➡ 硬化時間短く(しっかり反応するから)

・練和時間(1分以内)  ➡ 硬化時間短く(しっかり反応するから)

・練和回数       ➡ 硬化時間短く(しっかり反応するから)

・練和温度(40°付近) ➡ 硬化時間短く(反応速度が早くなるんだって!

・硬化促進材の添加   ➡ 硬化時間短く(そりゃそうだろ・・・

・硬化遅延材の添加  ➡ 硬化時間長く(そりゃそうだ・・・

 

【硬化膨張】

・混水比が小さい    ➡ 硬化膨張大きく

        (しっかり反応して、針状結晶の成長の押し合いが増加するから)

 

・硬化促進材の添加   ➡ 硬化時間小さく

・硬化遅延材の添加   ➡ 硬化時間長小さく

 

【強さ】

・混水比が小さい    ➡ 圧縮強さ大きく

 

っとまぁ、理工学の聖書に書いてあることのみをまとめたのが上です。

けど、色々な教科書からなんやらあるので、僕が覚えていた表を載せておきますね!

正直これでどうにかなります!←適当

 

 

【まとめた表】

この表はインプット!

f:id:v33-MDDT:20181018143721p:plain

 

【硬化時間調整材】

・硬化促進材

 NaCl(塩化ナトリウム)、K2SO4(硫酸カリウム)、ZnSO4(硫酸亜鉛

➡石膏の化学式覚えてますか?CaSO4、促進させるならCaかSO4があれば割と促進する!あと、塩!

 

・硬化遅延材

 ホウ砂、クエン酸カリウム、コロイド

 

 

≪臨床科目への応用≫

 アルジネート印象材はよく比較問題で出ます。かならず知識の確認を(`・ω・´)ゞ

 

【問題】

歯科理工学:100B-100

 β石膏硬化体の圧縮強さが最も大きくなるのはどれか。1つ選べ。

 

 

a 混水比の増加

b 食塩の添加

c 硫酸カリウムの添加

d ホウ砂の添加

e 十分な乾燥

 

【解説】

 

 強さが大きくなる時は、「粉と液がしっかり反応したとき」「乾燥させたとき」! 

【正解】

 

a 混水比の増加

 ➡粉と液の関係性が崩れてるやん!弱くなるわ!

b 食塩の添加

 ➡あっ硬化促進材!けど、促進剤が結晶の成長を邪魔するので、強度は弱くなります。

c 硫酸カリウムの添加

 ➡おっ硬化促進材!けど、bの選択肢と同じ理由でだーめ。

d ホウ砂の添加

 ➡うっ硬化遅延材!けど。。。ね?だめじゃん?

e 十分な乾燥

 ➡ありがとうございます、これです!二倍です!シャアにはなれないけど、二倍です!

 

【解答】

e

 

では、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。

 

 

 

石膏のツボ①

 10月に横浜のオクトーバーフェストに行きました。周りではナンパが横行してましたが、僕にはそんな勇気もなくただただソーセージを咥えて見守るばかりでした・・・

若さ溢れる若者に戻りたい・・・ 33-MDDTです・・・

ゲームの中ならすぐに女の子と仲良くなれるのになー(゜_゜)

本日は「石膏のツボ①」です。

 

≪インプット事項≫

  石膏で抑えるところは2つ

 

 

① 各種石膏の混水比や膨張率の違い

② 石膏の練和条件を変えた時の物性変化

 

本日は、① 各種石膏の混水比や膨張率の違い を見ていきましょう☆

 

っとその前に!しっかりと石膏の硬化反応式は押さえて下さね!?

石膏は「半水石膏(粉の状態)」に「」を加えることで、硬化体の「二水石膏(硬い状態)」になると同時に「発熱」をします。

 

☆硬化反応式☆

CaSo4・1/2H2O(半水石膏) + 3/2H2O

    → CaSo4・2H2O(二水石膏) + 発熱

 

【特徴】 

・石膏の膨張は針状結晶の成長で起こります

・乾燥させと強いです

 ➡濡れてる時の2倍強いです

 

【各種石膏】

この表はインプット!

f:id:v33-MDDT:20181015163839p:plain

 

≪臨床科目への応用≫

 アルジネート印象材はよく比較問題で出ます。かならず知識の確認を(`・ω・´)ゞ

 

【問題】

歯冠補綴学:106D-07

 36歳の男性。下顎第一大臼歯欠損をブリッジで修復することとした。試適前と試適後に行った操作の写真を別に示す。

f:id:v33-MDDT:20181016152638p:plain

 

f:id:v33-MDDT:20181016152756p:plain

 

次に行うのはどれか。1つ選べ。

a 支台歯の研磨

b フラックスの塗布

c ろう付け間隙の調整

d 支台装置内面の調整

e ろう付け用埋没材による埋没

 

【解説】

 またどこかの講釈で説明しますが、「異種金属同士のろう付けは後ろう」で確定なんです。なので、この写真から5,6は陶材焼鋳造冠で7は金銀パラジウム合金のブリッジを制作していることが分かります。

試適後の写真からわかるのは「咬合面コアを採得している」です。

「5,6の陶材焼付鋳造冠」と「7の金銀パラジウム合金」を口腔内に試適して、色々調整したから「さぁろう着だ!」。その際に、位置関係が狂ったらまずい!じゃあどうするか?

➡写真のように「速攻硬化性の石膏を用いて、補綴物を入れた状態でコアを採得し、口腔外でも位置関係の狂いがない状態にする」ですね。

その後、6と7の間を後ろうします。

 

【正解】

 

a 支台歯の研磨

 ➡支台歯の研磨をする意味。。。ツルツルになったらセメント面積少なくなるし。。。

b フラックスの塗布

 ➡これは、埋没してその後の話。

c ろう付け間隙の調整

 ➡この操作が終わったから咬合面コアを採得してるんですね。

  ちな、ろう付け間隙は0.05mm~0.15mm位だったきがします。

d 支台装置内面の調整

 ➡この操作を終わったから咬合面コアを採得してるんじゃい!!

e ろう付け用埋没材による埋没

 ➡いえーーす、大正解(*'▽')

 

【解答】

e

 

では、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。

 

 

 

印象方法のツボ③「光学印象法」

 世間のクリスマスムードが僕に力を与えます。いつか「空元気玉」を打てる日が来るのでしょうか。。。みんな、オラに空元気を!! 

33-MDDTです・・・ つらみ(´;ω;`)

今日は、最近ぐいぐいきてる「光学印象法のツボ」

 

≪インプット事項≫

 CAD/CAMの流れは大きい分けて2つ。

①口腔内スキャナを用いた光学印象

②通法通り精密印象採得を行い、石膏模型を製作。その石膏模型をスキャンする方法

 

またどこかでCAD/CAMの話は触れると思いますので、本日は光学印象の話をば。。。

 

【光学印象】

 近年、CAD/CAMの問題が頻出ですね。光学印象法は口腔内に小さなスキャナーを突っ込んで、口腔内をスキャンすることで、石膏模型を製作することなく、CADに口腔内の3D模型を製作するのです。その後、CAMで削り出しを行います。

 

・石膏模型不要

・咬合採得必要

 ➡口腔内スキャナで嚙み合わせの記録を採得します

・スキャンしたデータはそのままCADへ転送

 ➡その際のデータの拡張子は「STL」です。

支台歯形成は単純な形が望ましい

 ➡口腔内スキャナでスキャンできない部分があると色々と不備が・・・

・奇麗なマージンを出すために歯肉圧排したほうが良い 

 

≪臨床問題への応用≫

 

【問題】

保存:111C-84

 43 歳の男性。下顎右側第一大臼歯の修復物が脱離したことを主訴として来院した。齲蝕を除去し、部分被覆冠を製作することとした。支台歯形成後に行った印象採得時の写真を別に示す。

f:id:v33-MDDT:20181016155011p:plain

 

 従来の印象法と比較したこの方法の特徴はどれか。2 つ選べ。

 

a 印象材を必要としない。
b 咬合採得を必要としない。
c 歯肉圧排を必要としない。
d 石膏模型を必要としない。
e 対合歯の印象を必要としない。

 

 

 

【解説】

 写真から「あっ、出やがったな光学印象!」と分かれば終わりな問題。

 

a 印象材を必要としない。

 ➡うん、だって光学印象だからね!
b 咬合採得を必要としない。

 ➡咬合採得をしないと嚙み合わせ分かりませんよ。。。

  通法なら「バイトワックス」やら「シリコーンバイト」で採得しますが、口腔内スキャナの場合は、それらは用いません。口腔内スキャナで咬合採得しましょう。
c 歯肉圧排を必要としない。

 ➡マージン隠れちゃうとスキャンできない・・・ しよ・・・?
d 石膏模型を必要としない。

 ➡いらねーぜ!これでクリニックから出る産業廃棄物も減るぜ!
e 対合歯の印象を必要としない。

 ➡いるぜ!!!対合なかったらどう補綴物つくるんだぜ!?

【解答】

a,d

 

それでは、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。

印象方法のツボ②「非解剖学的印象」

 栗林みな実さんが歌手として復活している事を最近知って震えました・・・

中学生からの栗の子ファン、33-MDDTです。本日は前回の続きで「非解剖学的印象のツボ」です。

 

≪インプット事項≫

 まず、印象方法は大きく分けて二種類!

①解剖学的印象 or ②非解剖学的印象 

 

【非解剖学的印象】

 これは、粘膜に圧をかけた状態で印象する方法です。圧をかけると、「口腔内の形 ≠ 模型の形」になりますね。この記事でもお伝えした通り、義歯で重要なことは「粘膜支持」です。その粘膜支持を得るためにはどうするか?

加圧する!

➡個人トレーを工夫する

 ワックススペーサーの枚数を0-1枚にする。

 

なので、「非解剖学的印象=加圧印象」となります。

そして、粘膜支持が向上するため「非解剖学的印象=加圧印象=機能印象」

になります。

 

ではどのように圧をかけるか?この方法で、色々な種類の名前の印象法が出てきます。ここで混乱するんですよね・・・(あっ僕は歯医者になってようやく少し理解できました・・・←だめな奴)

 

1⃣ ダイナミック印象(動的印象)

・義歯の粘膜面にアクリル系軟質義歯裏装材(ダイナミック印象材)を使用して、患者が数日にわたり「自分の咬合圧」で印象を採る方法。

この後、その義歯に石膏を注ぐことで「関節法リライン」や「リベース」を行う際の模型になります。

 

☆必ず押さえてほしいのは

「義歯の長期使用(半年以上くらい)」

➡「顎堤吸収」

➡「義歯がガタつき痛く炎症が起こるため、フラビーガムやら義歯性線維腫発現」

➡「その以上粘膜だと新しい義歯やリラインリベースできない」

(炎症が起きてる状態で義歯は作らない」

➡「アクリル系軟質義歯裏装材(粘膜調整材)使用して炎症収める」

➡「正常粘膜に戻ったら、その時の顎堤粘膜の状態の模型作る」

➡「新義歯製作 or リライン、リベース」

この流れ!!!

 

2⃣咬合圧印象

 これは、前回の記事の問題を解いていただければわかります。義歯製作する際に個人トレーなどに蝋堤を付与し、印象を採る際に咬合圧をかけて非解剖学的印象を採ります。

 

3⃣咬座印象

 これは蝋義歯内面にシリコーンゴム印象材を塗布し、患者に咬合してもらい印象を採る方法です。

 

4⃣選択的加圧印象(オルタードキャストテクニック)

 部分床義歯においては「歯牙は無圧」「粘膜は加圧」したい!あとは、フラビーガムが小さくなったら新義歯製作したいから「フラビーガム無圧」「正常粘膜部は加圧」という、欲張りさんのための印象法。「咬合床を付与した金属フレームを個人トレー」や「個人トレー製作時にフラビーガム部はワックススペーサーを付与して無圧、通常粘膜部はワックススペーサーを付与せず加圧」などを行い、加圧を無圧を混在させる印象法。

 

まとめると↓な感じ!

 

f:id:v33-MDDT:20181012163148p:plain

 

≪臨床問題への応用≫

 

【問題】

義歯:96C-34

 66歳の女性。上顎全部床義歯の維持不良を主訴として来院した。スペーサー付与後の診断用模型の写真と筋圧形勢後の写真とを別に示す。

f:id:v33-MDDT:20181014234213p:plain

f:id:v33-MDDT:20181014234236p:plain

 

 採用するのはどれか。1つ選べ。

a ダイナミック印象

b フレンジテクニック

c 選択的加圧印象

d 連合印象採

e 無圧印象

 

 

 

【解説】

 全部床義歯は基本的に粘膜部に「粘膜支持」を求めるため「加圧印象」を行います。加圧印象を行うということは「ワックススペーサーは0枚」ですね?

ですが、この写真からは上顎前歯部顎堤にワックススペーサーを付与しています・・・

なぜだ!? 

予想ですが、たぶんですが、フラビーガム治癒後じゃないんですかね?

フラビーガムは切除する以外は完全に治癒しないといわれていますので、フラビーガムがある程度治った結果、新義歯製作する。その際に、「フラビーガム部は無圧印象を行うため、個人トレー製作時にフラビーガム部分と一致したワックススペーサーを付与を行った」かなぁ?

 

a ダイナミック印象

 ➡ダイナミック印象(動的印象)は義歯内面にアクリル系軟質裏層材を塗布し行うため×

b フレンジテクニック

 ➡フレンジテクニックは人工歯配列や義歯床粘膜面の形態決定をする際に用いります。ブルーワックスを使用してコアてきな物をとりますが、それはまた次の講釈で・・・

c 選択的加圧印象

 ➡これだ!フラビーは無圧、他加圧!!

d 連合印象採

 ➡いや・・・まぁもしかしたらするかもしれませんが・・・

  この選択肢選んだら、出題者が可哀そうじゃん・・・?写真の意味が・・・

e 無圧印象

 ➡あぁ!フラビーガムの部分だけな!!!

 

【解答】

c

 

それでは、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。

印象方法のツボ①「解剖学的印象編」

 エヴァンゲリオンではアスカ派でもレイ派でもなく、ミサトさん派です。

自分の歳がミサトさんを超えてもミサト「さん」って呼ぶのはなぜでしょうか?

ファーストガンダムのブライト「さん」と同じ理論ですね・・・

 

こんにちは、33-MDDTです。

印象材がひと段落したので、本日は特別枠です。学生さんが常に疑問を抱いてる

「印象方法」のうち「解剖学的印象ツボ」です。

 

≪インプット事項≫

 まず、印象方法は大きく分けて二種類!

①解剖学的印象 or ②非解剖学的印象 

 

【解剖学的印象】

 これは、口腔内の状態をありのまま再現する印象。支台歯などに圧をかけたら、歯根膜分沈下して模型と口腔内が一致しませんよね?それだと、まずくね・・・?

じゃあどうするか?

無圧にする!

流動性が高い印象材を使う

 

なので、「解剖学的印象=無圧印象」となります。

 

それこそ、フラビーガム部分に圧をかけて印象すると、出来た義歯は使用時常に、フラビーガムを押し付けることになります。それはまずい!

なので、個人トレーに細工をします

①遁路の付与

(これは、個人トレー上で圧をかけたくない部分に穴をあけて、印象材を逃がすことで圧をかけない方法です)

  ②個人トレー製作の際に、ワックススペーサーを多くする

(ワックススペーサーの枚数が多いほど、印象圧は小さくなります) 

 

 

 

≪臨床問題への応用≫

 

【問題】

義歯:111C-66

 70歳の男性。上顎義歯の動揺と前歯部顎堤の疼痛を主訴として来院した。審査の結果、義歯を新製することとした。ミラーの柄を用いた顎堤粘膜の審査時の写真と個人トレーの写真を別に示す。

f:id:v33-MDDT:20181011153928p:plain

f:id:v33-MDDT:20181011154015p:plain

 この個人トレーを用いる印象法の目的はどれか。2つ選べ。

a 全顎にわたり均等圧で印象する。

b ニュートラルゾーンを記録する。

c 個人トレーの挿入位置を的確にする。

d 浮動性歯肉部を無圧状態で印象する。

e 正常粘膜部に咬合圧を加えて印象する。

 

 

 

【解説】

 Aの写真から、「フラビーガム」だ!そして「フラビーガム=無圧印象」だ!と理解する。それから、Bの写真から、「フラビーガムの部分くりぬいてる!無圧印象したいんだ!」と「正常粘膜部は咬合堤つけてる!加圧印象したいんだ!」と分かれば完璧!

 

a 全顎にわたり均等圧で印象する。

 ➡いや、むりやん?くりぬいてるやん・・・

b ニュートラルゾーンを記録する。

 ➡君それ、フレンジテクニックやで・・・ 

c 個人トレーの挿入位置を的確にする。

 ➡それは「ストッパー」の話やで・・・

d 浮動性歯肉部を無圧状態で印象する。

 ➡フラビーガムは無圧!加圧したら患者さん義歯入れたら痛くて痛くて・・

e 正常粘膜部に咬合圧を加えて印象する。

 ➡正常粘膜部に粘膜支持を求めるため、圧を加えた機能印象!

  もしよかったらこちらの記事参照

 

☆個人トレーにおけるストッパーの役割もとりあえず抑えましょう(提案)

①支台歯以外に付与する

②個人トレーを定位置に保つ

③印象材の厚みの確保

 

 

【解答】

d,e

 

それでは、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。

ダイナミック印象材のツボ

  来世は菊川怜に踏まれるハズキルーペになりたい。。。

こんにちは、33-MDDTです。本日は「ダイナミック印象材」のツボ。

 

≪インプット事項≫

 「ダイナミック印象材」=「粘膜調整剤」です。商品名だとティッシュコンディショナー! 最近の国試で狙われそうな匂いを感じる印象材です( ̄▽ ̄)

 

【組成】

PEMA(ポリエチルメタクリレート)

エタノール

 

【硬化機構】

エタノールの蒸散

 ➡抑えてほしいのは重合開始材が入っていないこと!

  なので、エタノールの蒸散で徐々に硬化しています。

  なので、始めはプニョプニョ、そして数週間経つと固まっている。

  何を意味するのか?

 ➡そのプニョプニョの期間で「粘膜の炎症」を抑えることもできます

  ということは「フラビーガム」などの慢性炎症に対して使用できます

  そして、まだ炎症が収まっていなかったら、ダイナミック印象材の張替えを行います。(炎症がある粘膜に対してリライン、リベースは行いませんよ)

 ➡また、印象材の側面から、「義歯を個人トレー」として数週間にかけて患者の口腔粘膜の状態を「動的印象」することができる。

  そうすることで、「粘膜の機能印象」をとることができる。

  (動的印象があいまいな方はこちらの記事を一読)

  その後、個人トレーとして使用している義歯内面に石膏を注ぐことで、素晴らしい模型ができる。その模型を使用し、リラインやリベースを行うことができる。

 

【性質】

 ・義歯を個人トレーとして使用し、数週間にわたり硬化する。

 ➡粘膜面の加圧印象がとれる。

・炎症に対してクッション材としての作用がある

 ➡粘膜調整剤として使用 

 

 

≪臨床問題への応用≫

 

【問題】

義歯:100B-42

 ダイナミック印象に用いるのはどれか。1つ選べ。

a 印象用ワックス

b アルジネート印象材

c モデリングコンパウンド

d アクリル系軟質義歯裏装材

e パテタイプシリコーンゴム印象材

 

 

 

【解説】

 上記の通り、「ダイナミック印象」の定義は「義歯を個人トレー代わりにアクリル系軟質裏装材を盛り、患者に一定期間使用させて粘膜の粘膜支持を得た印象」を得ることです。

 

a 印象用ワックス

 ➡「オルタードキャストテクに使う」くらい覚えておいてください

b アルジネート印象材

 ➡無歯顎、有歯顎の概形印象ですね

c モデリングコンパウンド

 ➡無歯顎の概形印象。確かに機能印象が取れますが、「ダイナミック印象」の定義とは外れます。

d アクリル系軟質義歯裏装材

 ➡だーいせいかーーい(*´♡`*) 

e パテタイプシリコーンゴム印象材

 ➡パテタイプシリコーンとインジェクションタイプシリコーン合わせて連合印象!

  機能印象ではない・・・

 

【解答】

d

 

それでは、またどこかでお会いしましょう。アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。