歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

114回 歯科理工学振り返り ワックス編

 最近ふと「あれぇ・・・・ GWとかなにしてたっけ・・・?こんなに予定なかったっけ・・・・?」とスケジュールを見て思うことがあります。

そう、全く遊びの予定がない!! おかしい!! もっとなんかGWってワクワクしてたはず!

そして、ふと思い返したら・・・・

 

そーーだ! コミケもねぇし、ライブもねぇからだ! 

確かに、最近部屋に同人誌が少ないし物販で買ったポストカードとかも散乱してない!! あぁぁ・・・ 日本の文化が失われていく・・・

 

オンラインコミケとオンライン学会、僕たちは大切な何かを失った気がします・・・

 

あ!GWって言っても、ガンダムウイングではないですからね?

別に「お前を殺す」訳ではありません。(久々にJUST COMMUNICATION聴こう・・・)

 

【114回 A-31】

f:id:v33-MDDT:20210416083521j:image

 

【解説】

 いやぁ、誰も褒めてくれないんですが、大学の直前講義でこの話しておいてよかったぁ・・・ 先日、無事に国家試験に合格し、附属病院で研修している先生に「先生の直前講義、めっちゃでましたね!ありがとうございます!」と言われて、とても嬉しくなりました。

そのうち1つの問題がこれ!

さて・・・ この問題何が言いたいのか・・・・?

Aの写真ではインレーワックスが金型に圧接されています、そのさいこのインレーワックスには「内部応力」が蓄積されています。

Bの写真ではその内部応力は存在していると思いますか?

答えはNOです、その応力は外へ流出したのです・・・

 

  その際!!

 

インレーワックスが変形しています!

この問題のポイントは

「インレーワックスの中の応力が外へ流出する際、変形するか、変形しないか」です!

 

応力解放というのは、変形を伴う応力の流出

応力緩和というのは、変形を伴わない応力の流出

 

なので、例えばワックスを用いてクラウンの原型を作るときは、極力「応力緩和」に努めます。

例えば

①模型上での原型の1日放置

②加熱しすぎないようにする

③原型を模型から外したらスグに埋没 

などなど・・・ 

 

【選択肢考察】

a:これは流動性と捉えてください、今回は関係ありません

b:解説参照

c:解説参照

d:クリープは「疲労」です。応力ひずみ曲線の時に勉強しましたね?

e:弾性回復とは、力を取り除いても元の形に戻る変形です、もどってねーーー!

      わすれた方はリンクはっておきますね (*´♡`*) つ

v33-mddt.hatenablog.com

 

【解答】

b

 

では、またどこかでお会いしましょう、アデュー(*´♡`*) 

 

 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。