歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

113回 歯冠補綴学振り返り チェックバイト①編

 さむくね!?! 最近!!

この間までマスクの裏の顔が汗でぐちゃぐちゃになっていたのに、最近マスクの保温効果で顔がほかほた・・・ 

秋が近づいてきたのを肌で感じると寂しい気持ちになりますね💦

受験生の皆さんは模試が始まる時期ですね。

模試は、「順位がどうだこうだ」「何割できた」を見るのものではないですよ

 

今このタイミングで自分が何ができていないかを確認するためのツールです!

 

しっかり、「全国のライバルができていて、自分ができない問題」を把握し、知識を入れ込んでください!

 

 

【113C-68】

f:id:v33-MDDT:20210802092502p:plain

【解説】

 この問題を要約すると

「主訴:咀嚼しにくいよ!」

「問題:ブリッジ新製したよ!!何が改善したかな!?バイトで見てみよう!」

 

という事になります。

写真Aの初診時から、右でシッカリと咬合できていないことが分かります。

新製したブリッジを入れることで、右での咬合接触が確立されているように見えますね?

そして、写真B!

初診時のバイトと比較して、新製したブリッジのバイトを見ると、透けている部分が多いことが分かります。

よって、咬合接触面積が増えたことが示唆されます。

よって、答えは!!

 

【解答】

e

 

 

★毎週土曜日7時半より、歯科理工学、歯冠補綴学、床義歯補綴学、保存修復学特化型オンラインサロン
 「33-MDDTオンラインサロン歯学部生のツボ」開催中。

community.camp-fire.jp

 

 ★コンテンツまとめ記事はこちら

v33-mddt.hatenablog.com

 

v33-mddt.hatenablog.com

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。