歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

義歯用材料のツボ⑧加熱重合レジンの埋没法

 

  チリつえぇぇ。。。 0-4かぁ。。。 良い、大敗するのも大事!弱点を見つけ、次につなげるのも大事!

そぅ、コパアメリカは模試みたいなものなのです!!

どうにか更新できそうです、こんにちは33-MDDTです、建英のレアルユニを早く購入させれ!

さて、今回は「義歯用材料のツボ⑧加熱重合レジンの埋没法」です。

 

【インプット事項】

 

  埋没の流れはまだ国家試験に出ていません、正直狙われてもおかしくないので確実にチェックです!

 

① フラスコ下部に蝋義歯を一時埋没(普通石膏

 ➡取り出し易いように普通石膏

 

② 石膏分離剤の塗布

 ➡分離剤の組成はアルジネート水溶液

 

③ 筆済みにて二次埋没(硬石膏

 ➡人工歯部は壊れにくい硬石膏

 

④ フラスコ上部をはめて二次埋没(普通石膏

 ➡取り出し易いように普通石膏

 

⑤ 流ろうで蝋を除去

 

⑥ できた空洞内部にレジン分離剤の塗布

 ➡これも、アルジネート水溶液。この時人工歯の基底面に塗布すると

  「短期使用義歯における人工歯脱落」の原因

 

⑦ 餅状レジンを一塊填入して加圧!

 ➡分割填入すると、その間に気泡ができてしまい「短期使用における義歯の破折」の原因。そして、加圧不足も「短期使用における義歯の破折」の原因。

 

⑧ 70℃のお湯で予備重合1時間程度

 ➡いきなり100℃に入れるとモノマーが沸騰してしまい、内部気泡の原因になる。ということは「短期使用義歯の破折」の原因になります。

 

⑨ その後、しっかり100℃のお湯で本重合!

 

頑張って模式図をつくってみた!

f:id:v33-MDDT:20190618102810p:plain

 

 埋没方法の問題はまだ出ていないのですが、模試などでちょいちょい出ているのでチェックしておいてくださいね♪

 

では、またどこかでお会いしましょう、アデュー(*´♡`*) 

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。