歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

113回 義歯振り返り 即時義歯編

 

 

 

【113D-87】

f:id:v33-MDDT:20211013083234j:image

【解説】

 間接的に即時義歯の製作方法を問われている問題です!みなさん気づきましたか?

 主訴:7年前に装着した前歯部ブリッジの動揺

 対応:ブリッジと支台歯を抜去し義歯製作

    →作業用模型上で即時義歯を製作する

 

重要なのは、「即時義歯は作業用模型上で抜去する歯の模型を削って製作する」ということ。

 

【選択肢考察】

a サベイング:これは行います。

あくまで、今回製作する義歯は部分床義歯になります。ということは、支台歯へのクラスプは必須になります!サベイングを行うことで、適切なアンダーカットを測定しましょう!

 

b歯冠豊隆の修正:これは支台歯になる歯質へ行うことです。口腔内で行うことですね!

 

c抜去予定歯の削除:即時義歯の場合、模型上で抜去予定の歯の模型を削って義歯を製作します!そして、実際に抜歯した当日にその義歯を口腔内へ装着します!模型上でおこないますね!

 

dポストダムの付与:問題はこれです。確かに模型上でアーラインを削除して付与もします!が!!それはあくまで全部床義歯です!今回は部分床義歯!クラスプによる維持が有効なのでポストダムによる陰圧の維持は優先度低め!

 

eレストシートの付与:もちろんこれも口腔内!

 

【正解】

a,c

 

★毎週土曜日7時半より、歯科理工学、歯冠補綴学、床義歯補綴学、保存修復学特化型オンラインサロン
 「33-MDDTオンラインサロン歯学部生のツボ」開催中。

community.camp-fire.jp

 

 ★コンテンツまとめ記事はこちら

v33-mddt.hatenablog.com

 

v33-mddt.hatenablog.com

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。