歯科材料のツボ

歯科国試、進級対策。材料から臨床問題を読み解くブログです。月、水、金更新予定。何かご連絡は hema33mddt@gmail.com まで。

113回 歯冠補綴学振り返り 咬合印象編

 先日の個別指導で2ヶ月ほど前から受講してくだ去っている生徒さんが「実はこのブログの読者」さんということが発覚してとても嬉しがった35-MDDTです(*゚Д゚)

しかし、その生徒さんはこのブログの「オタクくさいおっさん歯科医師「自分が個別指導を受けているチャラそうなおっさん歯科医師が同一人物ということがわかっていなかったらしく、発覚した時にとてもびっくりしてくれました(*'ヮ'*)

初めて、このブログの読者さんに出会えることができてとても嬉しい35ーMDDTです(@ ̄ρ ̄@)

 

【113B-76】

f:id:v33-MDDT:20210720081516j:image

【解説】

 ちょこちょこ国家試験でお目にかかる「咬合印象」の問題です。

しっかり「咬合印象」のインプットをしましょう☝️✨

 

《咬合印象インプット事項》

①上下の偏顎印象を「同時に」行う

 →全顎は不可

 

②同時に印象を取るため、噛み合わせの記録もトレーを使って「同時に」行える

 →中心咬合位の咬合調整が容易になる

 →気をつけなければならないのが、「偏心咬合」の調整は容易にならない

 

③印象採得後、石膏を注ぐのですがその際、印象面に同時に石膏を注ぐことはできない

 →例えば「上顎に注いでから下顎」となる

 

④ということは「石膏注入に時差がある、そのさい印象体が変形したら困る」

 →ハイドロコロイド系印象材は離液するので不可

 →シリコーン印象材を使用する必要がある

 

⑤石膏が固まったら、印象体から石膏を外さずそのまま咬合機へ付着する

 →印象面が噛み合わせの記録となっているため、外したら顎間関係がわからなくなる

 

この、「シリコーンを用いる」やら「印象から石膏を外さずに咬合機へ付着する」は未だ国試に出ていないので、しっかり押さえて下さい!

 

【正解】

b、d

 

★毎週土曜日7時半より、歯科理工学、歯冠補綴学、床義歯補綴学、保存修復学特化型オンラインサロン
 「33-MDDTオンラインサロン歯学部生のツボ」開催中。

community.camp-fire.jp

 

 ★コンテンツまとめ記事はこちら

v33-mddt.hatenablog.com

 

v33-mddt.hatenablog.com

  1. 出典:厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/index.html

  1. 歯科医師国家試験」(厚生労働省

    歯科医師国家試験 過去問

    を加工して作成。